マンションを貸したい時に気を付けること

経年劣化している時にはリフォームを

まずは最寄りの不動産業者に相談を賃貸とするか、売却処分するか経年劣化している時にはリフォームを

給湯器やキッチン、トイレなどの住宅設備なども経年劣化している時にはリフォームで交換をすることが必要となります。
古い設備がそのまま残っていると、あまり借り手に好まれないので、なかなか賃借人を見つけることができなくなります。
賃貸としてマンション貸したいと思っている時には、それなりに資金をかけていろいろな場所を治す必要があるので、短期間だけ賃貸することは難しいでしょう。
日常管理を自分自身で行うことが難しいので、基本的には賃貸として人に貸す場合には、不動産管理会社と契約をして委託管理をお願いすることとなります。
そういった委託管理用金の支出も考えた上で賃料設定をすることが必要となります。
分譲住宅の所有権は残っているので、修繕積立金や管理費の支払い義務は、自分自身に残ったままとなります。
そういった毎月発生する費用をしっかりと見込んだ上で、賃料を考えることも重要となります。